レンタルサーバー格安 サーバー管理マニュアル

トップページ  » 設定マニュアル  » OpenPNE3のインストール方法

OpenPNE3のインストール方法

先にサーバー管理画面へログインして下さい。(サーバー管理画面へのログイン方法


1. SSH接続設定

(1) SSHで、コマンドによるインストールとなります。SSH接続か可能なようIPアドレスを許可する必要があります。
 SSH接続設定については、SSH接続設定の方法を参照ください。

2. OpenPNEで使用するMySQLデータベースの作成

(1) データベースの追加をクリック
  
(2) MySQL、データベース名、パスワードを設定して作成を押して下さい。
  → 最後まで進んでDBを作成して下さい。
  

3. OpenPNEのダウンロード

OpenPNEのサイト
(1) OpenPNE3.6をダウンロード
  ダウンロードファイル名:openpne-OpenPNE3-OpenPNE-3.6beta8-0-gb27d4d2.zip

※)ダウンロードするファイル名は、OpenPNEのバージョンによって異なります。
  ダウンロードしたファイル名、解凍したフォルダ名は、お客様がダウンロードしたファイル名に置き換えてください。

4. ファイルのアップロード

(1) ダウンロードしたファイルをサーバーにアップロードを行います。
  通常のFTPにて、ホームディレクトリに、アップロードしてください。
  アップロード先:/home/FTPユーザー/

5. SSHでサーバーに接続

(1) 許可したホストより、サーバーにSSHで接続を行います。
   (SSH接続の許可するホストの設定は、SSH接続設定の方法をご参照ください。)
  
  参考)SSHクライアント
     ・PuTTY
     ・TeraTerm
     ・Poderosa
  

6. ファイルの解凍

(1) コマンドでアップロードしたzipファイルの解凍を行います。
  $ cd
  $ unzip openpne-OpenPNE3-OpenPNE-3.6beta8-0-gb27d4d2.zip

※)ダウンロードするファイル名は、OpenPNEのバージョンによって異なります。
  ダウンロードしたファイル名、解凍したフォルダ名は、お客様がダウンロードしたファイル名に置き換えてください。

7. インストール

(1) 以下のコマンドを実行し、インストールを開始します。
  $ cd openpne-OpenPNE3-b27d4d2
  $ cp config/ProjectConfiguration.class.php.sample config/ProjectConfiguration.class.php
  $ cp config/OpenPNE.yml.sample config/OpenPNE.yml

  $ cp /usr/share/pear/Archive/Tar.php lib/vendor/PEAR/Archive/
   ※OpnePNE付属のTar.phpではインストー時にエラーが発生する為、上書きコピーする。(2011/04/05 追記)

  $ php symfony openpne:install
  
  問合せのメーッセージが表示されるので下記を入力します。
   ・Choose DBMS:mysql
   ・Type database username:事前に作成したデータベース名
   ・Type database password (optional):データベースのパスワード
   ・Type database hostname:localhost
   ・Type database port number (optional):Enter押下
   ・Type database name:データベース名
   ・Type database socket path (optional):Enter押下
   
  最後に、
   ・Is it OK to start this task? (Y/n)
  が表示されるので、「y」を入力してEnterを押下し、インストールを開始します。
   
   
  「installer installation is completed!
  が表示されると、インストール完了です。

8. 公開フォルダの設定

a. サブフォルダ(http://www.example.com/OpenPNE/)で運用する場合

/sns/で運用された場合、管理画面の「SNS設定」表示できないなどの不具合が、
OpenPNEに存在するようです。

(1) .htaccessファイルを2箇所編集します。
  例としてURLを「http://www.example.com/OpenPNE/」とします。

  $ vi web/.htaccess
   --- 1箇所目 ----------------------------------
    変更前:Options +FollowSymLinks +ExecCGI    先頭に「#」を付けてコメントにする
    変更後:#Options +FollowSymLinks +ExecCGI
   --- 2箇所目 ----------------------------------
    変更前:#RewriteBase /             コメント「#」を削除し、パス「/OpenPNE/」に変更する
    変更後:RewriteBase /OpenPNE/

(2) シンボリックリンクの作成
  $ cd ../public_html/
  $ ln -s ../openpne-OpenPNE3-b27d4d2/web OpenPNE

b. ドメイン(http://www.example.com/)で運用する場合

(1) .htaccessファイルを2箇所編集します。
  例としてURLを「http://www.example.com/」とします。

  $ vi web/.htaccess
   --- 1箇所目 ----------------------------------
    変更前:Options +FollowSymLinks +ExecCGI    先頭に「#」を付けてコメントにする
    変更後:#Options +FollowSymLinks +ExecCGI
   --- 2箇所目 ----------------------------------
    変更前:#RewriteBase /             コメント「#」を削除する
    変更後:RewriteBase /

(2) シンボリックリンクの作成
  $ cd ../
  $ mv public_html public_html.backup   (元の「public_html」をフォルダ名を変更して保存しておく)
  $ ln -s openpne-OpenPNE3-b27d4d2/web public_html   シンボリックリンクの作成

  注)ドメインで運用される場合は、サーバー管理画面の「アクセス解析画面」を、お使い頂く事ができなくなります。

9. 確認

a. ログイン

(1) ブラウザより、URLを入力して表示を確認します。
  
(2) 初期値である下記を入力し、ログインを行います。
  メールアドレス:sns@example.com
  パスワード  :password

(3) ログイン後、下記画面が表示され、インストール作業は完了です。
  
(4) メールアドレスとパスワードはログイン後に必ず変更してください。

b. 管理画面へログイン

(1) ブラウザより、URLに「/pc_backend.php」を付けて入力してください。
  例) http://www.example.com/OpenPNE/pc_backend.php
     http://www.example.com/pc_backend.php
  
(2) 初期値である下記を入力し、ログインを行います。
  アカウント名 :admin
  パスワード  :password

(3) ログイン後、下記画面が表示され、インストール作業は完了です。
  
(4) アカウント名とパスワードはログイン後に必ず変更してください。

よくあるご質問FAQ

ご利用者様のご紹介、感想
レンタルサーバー格安 レオサーバーのキャンペーン情報


当サイトはGeoTrustのSSLを利用しており、お客様情報は保護されています。

レンタルサーバー格安 レオサーバーの運営会社「株式会社レグルス」