レンタルサーバー格安 サーバー管理マニュアル

トップページ  » 設定マニュアル  » concrete5のインストール方法

concrete5のインストール方法

先にサーバー管理画面へログインして下さい。(サーバー管理画面へのログイン方法

1. concrete5で使用するMySQLデータベースの作成

(1) データベースの追加をクリック
  
(2) MySQL、データベース名、パスワードを設定して作成を押して下さい。
  → 最後まで進んでDBを作成して下さい。
  

2. concrete5のダウンロード

concrete5ダウンロードページ

(1) concrete5をダウンロード
  ダウンロードファイル名:concrete5.4.1.1.1.ja.zip
  

3. ファイルのアップロード

(1) ダウンロードしたファイルをサーバーにアップロードを行います。
  通常のFTPにて、ホームディレクトリに、フォルダー「concrete5」を作成しアップロードしてください。
  アップロード先:/home/FTPユーザー/public_html/concrete5/
  
  

4. 権限の変更

(1) 下記フォルダーの権限を「707」に変更します
  •config/
  •files/
  •packages/
  •themes/
  
(2) 下記ファイルの権限を「606」に変更します
  •sitemap.xml
  
(3) 下記ファイルの権限を「755」に変更します
  •concrete/libraries/3rdparty/htmldiff.py
  
(4) .htaccessファイルを以下の内容で作成します。
  php_value default_charset UTF-8
  php_value mbstring.language neutral
  php_value mbstring.internal_encoding UTF-8

5. サーバーにアクセス

 (1) 以下の画面が表示されます。
   「サーバーの必須機能を確認」に全てチェックをついていることを確認してください。
   チェックがついていない場合は、フォルダー、ファイルの権限などを見直してください。
   

6. 設定項目の入力

(1) 「サイト&管理者情報」「MySQLデータベース情報」に入力します。
サイト名を入力してください お好きなサイト名
管理者メールアドレス ご自分のメールアドレス
サーバーアドレス localhost
MySQLユーザー名 1.で作成したデータベース名
MySQLパスワード 1.で入力したパスワード
データベース名 1.で作成したデータベース名

  

7. インストール実行

(1) 「concrete5をインストール!」をクリックしてインストールを実行してください。
  

8. インストール完了

(1) インストールが完了すると、以下のような画面が表示されます。
  管理者用のユーザー名、パスワードが自動で生成されますので、
  絶対忘れないようにしてください。
  

9. 確認

(1) 完了画面の「サイトを開く」のリンクをクリックし、インストールした「concrete5」が
  表示されるかどうか確認してください。
  以下の画面が表示されれば完了です。
  
(2) ログイン画面
  
(3) ログイン後の画面
  

よくあるご質問FAQ

ご利用者様のご紹介、感想
レンタルサーバー格安 レオサーバーのキャンペーン情報


当サイトはGeoTrustのSSLを利用しており、お客様情報は保護されています。

レンタルサーバー格安 レオサーバーの運営会社「株式会社レグルス」